画像
画像
画像
画像

プロポリスのど飴と私の高校時代

高校時代、青春真っ只中の私は、合唱部に所属していた。
自分で言うのも何だか中心的なメンバーで、しばしばソロパートを任されるなど、かなり充実していたと思う。
しかしながら、肝心の本番直前になると風邪をひいてしまいやすいという困った体質だったのだ。

おかげで毎回コンクールが近付くと、異常なほど神経質になったし、逆に不安になり過ぎるせいで思ったように力が出せないという有様であった。
そんな中、心配してくれた母が旅行先のハチミツ専門店で買って来てくれたのが、プロポリスのど飴だったのである。
当時特に知識が無かった私ではあるが、それでも「何となく体に良さそうで、栄養がたっぷり含まれている」というイメージ程度ならあった。
まず1つ食べてみての感想は、正直なところ「美味しくない…」であった。

苦いとも甘いともつかない味が舌の上に広がるとでも言おうか。
一応飴として加工されているものなので不味いとまではいかないまでも、薬用のど飴を舐めている時のような微妙な感覚になったのを覚えている。
しかしながら、味はともかく、効果はてきめんだったのだ。

風邪をひきやすいという事実までは変わらなかったが、少なくともその頻度は激減した。
他には特に何か対策をとっていた訳ではないため、こののど飴の効果であることはほぼ間違いないだろう。
それ以来、ネットなどでプロポリスのど飴を購入し、学校に行く際ポーチの中に常備しておくのが私の日常となった。

周りの友人には味など不評ではあったが、こうして助けられたおかげで、プロポリスというと高校時代を思い出す私である。
さて、高校を卒業して大学に入学し、そこで私の合唱部生活も終わりを迎えた。
結婚して26歳になった今でも、合唱に触れることは無くなってしまっている。

個人的にはもう1度やってみたいというのが本音なのだが…。
しかし、プロポリスのど飴は実は今でも食べている。

それなりの値段がするため昔のように常備という訳にはいかないものの、乾燥する季節に入ると、風邪予防の一環として買いに行くのだ。
そして昔と比べ、味に大変進歩があるということを忘れてはならないだろう。

私のように味に微妙な評価を下していた人間が多かったのかどうかは分からないが、飛躍的に美味しいものが増えているのである。
生姜やハチミツの味を前面に押し出しているものなどは特に食べやすい。

食べ物を購入する身として、これはとても有難い。
近年、声楽をやっている人が監修したという「ボイスケアに特化したのど飴」が発売されていたが、調べてみるとそれにもプロポリスノ抽出物が使用されていた。
やはり、合唱部時代に取り入れていた私は間違っていなかったようだ。

今では夫も冬になると一緒に食べている。
最初は味に微妙な顔をしていたものの、食べていた年に風邪をひかなかったことから、積極的に食べるようになった。
会社に持って行って、乾燥するオフィスでも舐めているようである。

プロポリス含有量の多いものが勿論効果は高いが、そうなると多少値が張るのが唯一の欠点だろうか。
しかしながら、風邪をひいて病院にかかって治療代を出すくらいなら安いものかも知れない。
これからもプロポリスとは仲良く付き合って行きたい。

基本のページ

私が使ってみたアイテム紹介

おすすめアイテムのページ

  • 山田養蜂場プロポリス300
  • 薬院オーガニックのプロポリス
  • やわた
    ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • Wellve 赤水晶
  • プロポリスプロ
  • 山田養蜂場ハニーラボ
  • プロポデンタルEX