画像
画像
画像
画像

原産地と原料をしっかり確認して良いプロポリスの選び方

体にとても良いプロポリスは、積極的に摂りたいものです。
高額なものもあるので、しっかりといろいろな種類を調べてから購入するようにしています。
世界の各地で摂取できるので原産国もいろいろあります。
そのため、プロポリスの選び方は人によって違ういますが、まず有効成分を調べてから購入するようにしています。
プロポリスの種類には、元になる植物の違いで有効成分も違います。

そのため、原産地なども調べることもおすすめです。
調べてみたところ原産地がブラジルのものとヨーロッパのものでは含まれている有効成分に違いがあります。
ブラジルが原産地の場合には、ヨーロッパが原産地には含まれていない抗酸化作用や肝臓保護効果などのあるカフェ酸エステル類が含まれています。
また、抗がん作用やピロリ菌に対して抗菌作用を発揮する胃潰瘍や十二指腸潰瘍を予防する効果のあるテルペン類も含まれています。
そのため、ブラジルが原産地であるプロポリスの中から選んでいます。

ブラジル産のユーカリやアレクリンの樹液が含まれているものがおすすめです。
しかし、ブラジル産のものがすべて優れているとは限らないので添加物のあまり含まれていない純度の高いものを選ぶようにしています。
また、抽出方法も水抽出やアルコール抽出などあるので、より多くの成分を抽出できる方法のものを選んでいます。
認証番号のついているものを選ぶと安心です。

また、保存する場合には購入したビンのまま保存しておくことができると詰め替えなくてすむのでおすすめです。
そのため、黒系の遮光ガラスに入っているものを選ぶと安心です。
店頭などで購入する場合には、しっかりとパッケージを確認することがおすすめです。
購入する前におすすめの原産地や原料の樹木の種類をメモしておくと良いです。

メモとパッケージを見比べながら購入すると失敗することがありません。
毎日の生活などでストレスなどがたまっていくことで免疫力が低下してしまうことがあります。
そのような場合、風邪をひきやすくなったり病気になりやすくなってしまいます。

季節の変わり目などに体調をくずすことが多かったですが、プロポリスを摂取していると風邪をひきにくくなる効果が実感できます。
疲れがたまってきたような場合でも、風邪をひいたりすることがなく体調を崩さないで健康な毎日を過ごすことができています。
しかし、短期間摂取するだけではなかなかはっきりした効果を期待することができません。
そのため、効果を実感できなくても気長に長期間摂取し続けることがおすすめです。

長期間摂取していることで、疲れにくくなったり体調の変化を実感できるようになります。
しかし、高額なものもあるので、長期間摂取するのが経済的に大変な場合もあります。
そのような場合には、摂取するのをまったくやめてしまうのではなく、摂取する量を少量にして長く摂取するようにしています。
まったく摂取しなくまってしまうよりは、少量でも摂取し続けているほうが体調も良いです。
摂取しなくてはいけないというように考えていると、そのことがストレスになってしまうことがあります。
そのため、ストレスにならないように自分に合ったペースで摂取し続けることが大切です。

基本のページ

私が使ってみたアイテム紹介

おすすめアイテムのページ

  • 山田養蜂場プロポリス300
  • 薬院オーガニックのプロポリス
  • やわた
    ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • Wellve 赤水晶
  • プロポリスプロ
  • 山田養蜂場ハニーラボ
  • プロポデンタルEX