画像
画像
画像
画像

プロポリスは場合に応じて飲み方色々

プロポリスとは、ミツバチが巣を守るために用いる物質で、極めて殺菌作用が高いのが特徴です。
人工で作ることはできないとされ、かなり高価なものが多いですが、その効果は覿面です。
喉や鼻、目の殺菌や傷口の消毒、内臓(胃炎や便秘)、リウマチやアトピーにも効くとされています。

さらには不眠症や貧血にも効果があると言われているほどで、もう万能薬ともいえる代物なのです。
うちでは健康維持のためと、体調を崩した時の応急処置的な用途で使用しています。
10年ほど前から随分世間に知られるようになり、「プロポリス入り」と書かれた飴やサプリメントなどの商品も増えましたが、さて、うちで使っているプリポリスはどんなものかというと、ものすごく原液。

80ccで6000円くらいします。
ミツバチが集めたものというと蜂蜜の印象が強いせいか、「何となく甘いのでは」と思われがちですが、それは大きな間違い。
蓋を開けた瞬間ものすごい匂いがして、直接舐めようものなら、その苦いとも辛いとも言えない味に舌がびりびりしびれます。
正直、初めてこれを直接飲んだ時にはあまりの味と刺激にむせこんでしまったほどです。

なので、飲み方にも色々と工夫が必要となります。
ここでは、我が家がプロポリスを飲むときの場面とそれに応じた飲み方を紹介します。
使うものは上記のプロポリスの原液と、水、カプセル(カプセル型の風邪薬の外側のカプセルのみのもの。
薬局で普通に販売しています。

100個で1000円しないく轤「です)、スポイト。
どれも簡単なのに効果がありますので、とてもおすすめです。
さて、まず一番メインとなる飲み方はカプセルを使ったものです。

先ほどの書きましたが、原液のプロポリスの味は、あまり飲んで嬉しいものではありません。
いくら健康にいいと言っても、あれを毎日飲むとなると、人によっては結構な負担に感じると思います。
そこで、カプセルの出番。

カプセルの中にプロポリスを数滴たらして、それを水を一緒に飲むだけ。
数分するとお腹の中が温かくなります。
このとき、からなずスポイトを使用することが大切です。
なぜなら、原液をこぼすと、ものすごく臭いうえ、なかなか匂いが取れないのです。
カーペットにこぼすとさらに悲惨です。
うちは、かならずキッチンのシンクでこの作業を行うようにしています。

でも、これは慣れると作業も簡単だし、飲みやすいしでいいことづくめ。
負担なく続けられるので、我が家では健康維持のため、この方法で毎日摂取しています。
次に、体調を崩したとき。
具体的に言うと風邪のひき始めによく行う飲み方です。
我が家の住人は、皆だいたい風邪が喉に来ます。

なので、喉を殺菌するとけろっと風邪が治ることがほとんどです。
なので、このときは敢えてプロポリスの液が喉を通るようにそのまま飲みます。
といっても原液をそのままは本当に飲めないので、コップ200ccの水で希釈して飲み干します。
このときのこつは一気に飲むこと。
途中で止めると、あまりのまずさに続きを飲む気力が失われます。
でも、この2つの方法を使い分けて、我が家は数年病気知らず、病院知らずです。
本当に体にいいので、ぜひとも挑戦してみてほしいと思います。

基本のページ

私が使ってみたアイテム紹介

おすすめアイテムのページ

  • 山田養蜂場プロポリス300
  • 薬院オーガニックのプロポリス
  • やわた
    ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • Wellve 赤水晶
  • プロポリスプロ
  • 山田養蜂場ハニーラボ
  • プロポデンタルEX