画像
画像
画像
画像

プロポリスのメイン成分はフラボノイド

プロポリスはミツバチが自然に生えている木の樹脂や花粉などと自分の唾液を混ぜて作り出す天然の抗生物質です。
これは巣の中を清潔に保ったり、ばい菌が巣の中へ入ってきたり繁殖することを防ぐためにあります。
ハチミツなどとは違って摂れる量は非常に少なく、人工ではまず作り出すことができません。
天然100パーセントのプロポリスは味が独特でおいしいとは言えません。

ですが、体に様々な良い効果をだしてくれます。
プロポリスには上質なものとそうではないものがあります。
また上質なものの中でも等級が分かれています。

ポロポロのおがくずのようなものは残りカスのようなものなのであまり良い効果が期待できません。
逆に本当に上質のものは湿気があって柔らかく、ある程度の大きさが保たれています。
購入する時には薄められたり、他の添加物を一切加えられていないものを選ぶのがコツです。

お店の方に原料の等級は何かということを聞いてみるのも良い方法なのです。
含まれている成分はフラボノイド、ミネラル、アミノ酸、ビタミン、酵素などで歯磨き粉や石けんなどにも使われています。
実際のところ、プロポリスに含まれている成分は千単位、万単位だと言われていて現在確認されているだけでも300種類あります。
天然の薬の倉庫だと呼ばれているのにも納得です。

私は蜂に関連したものをよく使っています。
今はプロポリスの石けんや歯磨き粉、それにミツロウのリップクリームも使っています。
歯磨き粉はとても虫歯防止の力が強くて、これを使って以来虫歯は全くありません。
殺菌力、抗菌力は抜群です。

そんなプロポリスには長い歴史があります。
最初に使っていたことがわかっているのは紀元前数百年頃の古代エジプトでした。
当時は防腐剤として使用されていました。
その後、古代ギリシャ人が使うようになり、この名前がつけられました。

日本に伝えられたのは1985年と意外とそれほど昔ではありませんでした。
そして1991年に抗がん作用があることが発表されて、いろんな研究がされるようになりました。
フラボノイドはポリフェノール化合物の1種なのですが、ポリフェノールは植物に含まれる苦味や色素、渋み成分のことだそうです。
そしてその構造によってフラボノイドとそうではないものとに分かれます。
私は天然100パーセントのプロポリスのサプリメントを1日に1,2粒毎日飲んでいるのですが、初めて飲んだ時にはその独特の味にびっくりしました。
けれど、あの独特の味はフラボノイドの影響が強いのだと納得です。

毎日飲み続けていると体調は確かに安定しています。
まず風邪やインフルエンザにかかりにくくなっているようで、風邪をひいてもすぐに治ります。
ほとんどの場合は喉がちょっとイガイガするなと感じるくらいで、喉スプレーをしてマスクをつけておくだけで翌日には軽減されています。
それから毎朝起きるのに苦労していた以前とは違って、目覚めがすっきりしているおで一日を元気に過ごすことができるようになりました。

おかげさまで、何をするにも楽しくて仕方ないです。
家事をして仕事をして、買い物も行ってという日常的なことが当たり前のようにこなせることが幸せなのだと感じています。

基本のページ

私が使ってみたアイテム紹介

おすすめアイテムのページ

  • 山田養蜂場プロポリス300
  • 薬院オーガニックのプロポリス
  • やわた
    ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • Wellve 赤水晶
  • プロポリスプロ
  • 山田養蜂場ハニーラボ
  • プロポデンタルEX